住宅のイラスト

温度変化への工夫

暑さ寒さへの工夫

夏の暑さや冬の寒さ、これらはエアコンの普及によって解決され、快適な生活空間を保つことができるようになりました。では、それ以前はどうしていたのでしょうか。暑さに対しては打ち水をしたり、窓を開け放って自然の風を取り込む。桶に水を汲んで足を浸ける。寒さには単純に着込む。豆炭を使った囲炉裏やこたつに入るなど、電気代がかからないものばかりでした。昨今では夏の真昼などに電力消費量がピークに達し、電力会社や政府から節制のお達しが出るほどです。これからの地球環境のため、もちろん電気代の節約のためにも、会社を始めとして家庭でも努力せねばなりません。そこで一番外からの熱を取り込むのはどこか考えましょう。それは窓です。窓を断熱することで効率良く生活できるのです。

どのように断熱するか

窓の断熱と一言に言っても色々な方法があります。まず、窓に断熱フィルムを貼る方法。粘着式のものから水貼りできるものまで、直射日光を防ぐことができます。ただし、跡が残ったりカビが生える可能性もあるので注意が必要です。次に、カーテンで覆う方法。断熱カーテンで内側から、サンシェードで外側から断熱できます。最近では緑化も兼ねた昔ながらのゴーヤなどを用いたグリーンカーテンが再ブームになりつつあります。そして、最もおすすめしたいのが二重窓を作る方法。業者に依頼することもできますし、ホームセンターでも自作キットの取扱いが始まりました。実際に使用すると2度ほど温度差が出るようです。夏は少し冷房するだけで涼しさが長持ちし、冬は日光だけ取り込めるので部屋がより暖まります。このように方法は幾つもあります。電気代節約のためにも窓の断熱をおすすめします。